Archive for the ‘スタッフブログ’ Category

子供の気持ち

2012-05-24

児童心理学を勉強していると、自分の子供のころに感じたことを思い出したりします。

そして子育ては、ほんとに大変で難しいなと思います。それは、子供にとって親の発言や行動が、とても大切だか

らです。

親のかけた「言葉」がきっかけとなって回復したり、逆に悩んだりという例もたくさんあるそうです。

例えばデザイナーを目指しながら現在カラーコーディネーターとしてもがんばっている、Kさんは、5歳くらい

のとき母親に何気なく言われた、「勉強は出来ないけど、お洋服を組み合わせるセンスがいいわね」という言葉が

ずっと心に残っていたそうです。

また、現在ニートになってしまっているR君は、小学校のとき母親に言われた「ホントにお前は何をやってもだめ

なんだから」と言われたことがずっと記憶に残ってしまっていると言います。そのとき母親は、R君がスポーツが

苦手なことを指して言ったようなのですが、R君は自分の全部の事柄がだめに思えてしまい、何事にも自信がない

と訴えたそうです。

子どもは、「親が思っている自分像」をそのまま「自分像」として受け止めます。つまり周りから見てどんなに

勉強が出来ても、親が「勉強が出来ない子」と思っていれば「自分は出来ない子」と思っています。同じように

親が「悪い子」と思っていれば「悪い子」と自分も思ってしまい、自分に自信が無く、出来るという感覚ももて

ない子になってしまうということです。

言葉には大きな力が、あります。親と同様に我々教育者として指導するいじょう、非常に大きな責任があります。

子供には言葉を選んで話さないといけないなと 、そしてそれを伝えなくてはいけないなと思います。

 

 

続ける事の大切さ

2012-05-16

こんにちは,愛知・岐阜・三重県の家庭教師さくらゼミナールです。

今日は「続けること」について書きたいと思います。

続けることは何事においても、とても大切です。わかってはいるのに、なかなかできません。

私自身も、学生時代に非常に苦労しました。それでもやり続けた事は今、財産になっています。

プロ棋士の羽生さんは「才能とは、努力を継続できる力」と言ってます。

アインシュタインは「わたしは天才ではない。 ただ、人より長くひとつのことと付き合ってきただけだ。」

イチローも「夢や目標を達成するには1つしか方法がない。 小さなことを積み重ねること。」と偉業を成し遂げた

人は皆、続ける事の大切さを語っています。

どうか子供たちにも「続けることの大切さ」を理解してほしい。そして少しずつやってきた事が、ある時振り返る

と、とても大きなものになっていたという経験をたくさんしてほしい。それは必ず人生の財産になるからです。

それを子供たちに伝えるのは簡単ではありません。時間もかかります。

それでも必ず伝えなくてはいけない事の1つだと思います。私達スタッフが、それを伝える手助けになれればいい

なと、そういう事を考えながら仕事に励みたいと思います。

不登校について

2012-04-28

こんにちは,愛知・岐阜・三重県の家庭教師さくらゼミナールです.

今日は定期的に社内で行われている、不登校の子供たちへの接し方の研修を受けました。

さくらゼミナールは、社団法人不登校支援センターと業務提携をしています。

会員様の中には不登校の子もいます、また不登校支援センターの会員様の中にも勉強に困っている子がいます。

お互いが培ったノウハウを惜しみなく出し合い、子供たちの笑顔に繋げていこうという考えです。

私が初めに不思議に思ったのは、不登校の子供たちの親は、ほとんどの場合が、非常に子供のことを愛していると

いう事です。

でも何年もそういう子共達と接していると、たしかにそううなんです。むしろ愛情が多いくらい。

そして不登校になる理由は、深層心理にある事で、学校や友達や先生などの外的要因は表面上のもので、きっかけ

に過ぎないのです。

なので深層心理を理解した上で子供に接することが大事ということでした。

やはり、その道のプロの話は非常に勉強になるなぁ。一生勉強、これをモットーに仕事に励みたいと思います。

東大生が、新しい計算法をあみだした!

2012-04-26

こんにちは,愛知・岐阜・三重県の家庭教師さくらゼミナールです。

東大の医学部生がゴースト暗算という、新しい計算方法を考案した。

日本人が即座に計算できるかけ算は9×9までしかない。インドでは19×19まで出来るらしい。

しかしゴースト暗算では99×99まで出来るという。実際にやってみると非常に簡単に2ケタの掛け算ができて

しまう。

掛け算の筆算を、少し変形させた感じだ。

でも1番すごいのは計算方法より、それを考案してしまったというのがすごい。

数学は、おもしろい。答えはひとつだけと、何通りも解き方がある。それに、考える力を身に付けるにはとても大

事だと思う。

会員様の中には数学が嫌いな子がけっこう多い。たぶん面白さを教えられる事なく、つめこまれたからだと思う。

でも、もう一度、解る所まで戻って、しっかりと理解しながら進んであげれば大半の子は「面白い!」と言ってく

れます。

解ったときの喜びが1番大きい科目でもあると思う。

嫌いになってしまった子にそういう経験をさせてあげれるのは1対1しかないので、私達は大きな責任を背負って

います。

たくさんの子が、学ぶ面白さ、解る喜び、考える力、を手に入れれるといいなと、そういう事を考えながら

日々、仕事に励みたいと思います。

« 古いページへ

さくらゼミナール

Copyright さくらゼミナール All Rights Reserved.